国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

焼板絵付け(焼いてある板から)
〜思い出残そう!板に描いて〜 【館内活動も可能】
適 期通年
所要時間2時間
対象幼児、小・低学年〜
主なねらい
◎自然素材で創作を楽しむ
黒木
焼板2
←金ブラシですすを落とします
焼板3
ぞうきんやぼろタオル等でふき取ります→
焼板4
←きれいな木目が現れます
焼板5
カラーテックス(食堂に注文可 7色で8人ほど)で彩色をします→
焼板6
←付属のヒートンを付け、ひもを結んで完成
焼板7
上手に仕上がりました→
1.準備するもの
  • 団体で準備するもの
    • 《準備品》 ぞうきん、はさみ
    • 《購入品》 板、カラーテックス(専用絵の具)
      薪またはガスバーナー用ボンベ(この場合ガスのノズルは自然の家より貸出)
    • ※ カラーテックスの代わりに、団体で絵の具を用意されても結構です。その際には、筆等も用意してください。
  • 個人で準備するもの
    • えんぴつ、軍手、新聞紙
  • 自然の家の貸出用具
    • ワイヤーブラシ
2.板をみがく・・・雨天時でも原則として館外の雨のかからない場所でします。
  • ワイヤーブラシで、炭の部分をきれいに落とします。
  • ワイヤーブラシを使うときは、力を入れ過ぎないように。
  • ぞうきんで炭をふき取りながら、みがきをかけます。
  • ※ この段階でヒートン(金具)をつけ、ひもを通してもよい。
3.下絵を描く・・・雨天時でも原則として館外の雨のかからない場所でします。
  • ※ あとが残らないように、鉛筆で軽くかきます。
  • 下絵を描くか、描かないかは自由。
  • 木目を生かしながら下絵を考えると、おもしろい作品ができます。
4.絵をかく
  • はさみで、カラーテックスの先を太くならないように切り取ります。
  • 自分の考えたことを、おもいっきり線がきで描きましょう。
6.完成
  • カラーテックスがかわいたら、ヒートン(ひもつけ用金具)とひもをつければ完成です。
  • ※絵の他に、日付・クラス・氏名など、記念になるようなものを記入しましょう。

活動プログラム一覧へ戻る