国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

キャンプ(常設テント)
〜たくさんの友達と楽しい夜を過ごそう〜
常設テント1 常設テント2
適 期5月〜10月
所要時間約30分
対象小・中高学年〜
主なねらい
◎友とのきずなを強める
1.用具の準備
  • 団体で用意するもの雑巾、懐中電灯、その他
  • 青少年自然の家で用意するもの
    常設テント、人数分のシュラフ(寝袋)、ランタン(ただし、電池は単1電池4本持参)
    蚊取り線香入れ(蚊取り線香は団体持参)
物品保管場所注意点
シュラフ不動棟2階
(左側戸棚)
シュラフ1シュラフ2使う前、使った後は、不動横のシュラフ乾し場、らいちょう広場で乾かしてください。
ランタン不動棟軒下ランタン1ランタン2電池(単1を4本)は団体のほうで用意してください。
2.テント設営
(1)準備
  • テントを決めます。(1テントに8〜10人)
  • 各自の荷物は、テントの周辺に置きます。(天候次第)
  • まずはテントの中の湿気をとるため両サイドのファスナーを開き通気をよくします。
  • テントの中には、ほうき・ちりとり・マット・めざら(プラスチック)が揃っているか確認します。
  • テント内を掃き掃除します。
  • めざらをきちんと並べます。
  • 中にあるスポンジマットを敷き、雑巾できれいにふきます。
  • 各自の荷物を入れます。
  • シュラフを不動棟に取りに行きます。
  • シュラフは1人で4〜5個持つことができますが、地面に引きずらないように注意してください。
  • シュラフの入っていた袋を紛失しないようにしてください。
(2)仕上げ
  • 入れた荷物とシュラフを頭の部分に置いてテント内を整理します。
  • テントを離れて活動する場合や雨が降りそうな場合には、出入り口のファスナーや窓をしっかりと閉めておきましょう。
3.テントの撤収
  • シュラフをたたみ、袋に入れ荷物と一緒に外へ出します。
  • テント内のマットをきれいに雑巾で拭いて重ねテントの中央に置きます。
  • めざらを重ねます。
  • テント内部が、使用前と同じ状態になったら終了です。
  • 使用した用具を返納します。
4.シュラフについて
  • ※シュラフの使い方のオリエンテーションを大切にしてください。
  • 天気が良ければ、一度干してから使用してください。
  • シュラフを出すときに、どの様に収納されていたかを確認しておくと、翌日の収納が手早くできます。
  • 就寝時の温度調節は、脇のファスナーでします。
  • テントの中は真っ暗になります。懐中電灯の場所を確認しておきましょう。
  • 朝、天候がよければ不動棟横(悪ければ不動棟内)で一度干してから返納します。
5.その他
  • 国立立山青少年自然の家の標高は670mです。明け方になると気温が下がります。
    寝冷えをしないように服装に気をつけてください。

活動プログラム一覧へ戻る