国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

歩くスキー<初心者指導の手順>
〜クロスカントリースキーで自然を楽しむ〜
適 期1月〜3月
所要時間半日〜1日
対象小・中学年〜
主なねらい
◎自然とのふれ合いを深める
◎たくましい心と体を育てる
クロスカントリースキー
1.準備するもの
貸出用具
<不動棟スキー庫>…「貸出要領」による
(1)靴のアルファベットと同じスキー板を取る。(金具が合うか確かめる)
(2)板の長さは、「身長+20〜30cm」(初心者ほど身長に近い板)が目安。
(3)ストックの長さは、「肩の高さ」が目安。
2.用具への慣れ<平地での練習>
活動場所:らいちょう広場、スキー監視小屋より下の広場
◎準備運動
滑歩(円形に1〜2列になって、板を雪面から持ち上げながら歩く)
クロスカントリースキー
(1)慣れの運動
○その場歩き
クロスカントリースキー クロスカントリースキー
スキーの先端を中心に
スキーの後ろを中心に円を描いて歩く
クロスカントリースキー
スキーを平行に交互に動かしながら横歩き
(20歩行ったら逆に戻る)
(2)止まる技術
○スキーを平行にして立ち、片方の足だけ、踵を押し滑らせて開く。(先端は開かないように注意!)
クロスカントリースキー
○スキーを平行にして立ち、ジャンプでハの字形に滑らせて開く。
クロスカントリースキー
○2〜3回ストックで漕いで推進滑走をした後、ハの字形に開き止まる。
(3)平地滑走
○ストック無しで滑る。
ステップ1…大きく手を振って、歩く。
ステップ2…手の動きに合わせ、膝をリズミカルに軽く屈伸しながら歩く。
ステップ3…片足に乗る時間を長くして滑る。<滑る感覚の体感>
○ストックをもって滑る。
ステップ1…推進滑走。足を動かさずにストックの推進だけで滑る。
*突く位置は、自然な形でステップ1でやった所に突く。特に、身体の真横から後方に突き放すようにする。
ステップ2…ストックの真ん中をもって、上記ステップ3同様に滑る。
*手を振り下ろすときに、トンとストックを突くように!
ステップ3…手足の動作はステップ2、ストックの突き方はステップ1で、滑ってみよう。<パスカングの原型>
(4)滑走への慣れを深めるゲーム
○自分の名前や友達の名前を歩いて滑る。(習ったばかりの漢字を書かせると喜ばれる)
○鬼ごっこ・・・大きな円になり、円の内側をゲームエリアとする。全体の半分(1/4)で、ストック無しで行う。鬼は、目印になるもの(帽子など)を身につけ、みんなを追いかける。触られたり、板を踏まれたりした人が次の鬼になる。
○対面リレー・・・1チーム4〜6人程度。奇数番と偶数番に両端に分かれ向かい合う。まっすぐ自分のチームの人に向かって滑走し、タッチする。(正面衝突しないように相手の横にはいるように滑る)アンカーは目印を付ける。
○不動ゲレンデの下の方の斜面を登り、直滑降をする。
○直滑降に慣れた、目を閉じて滑ることに挑戦する。
3.自然の中へ出かけよう!<自然の家周辺のコースへ>

城前方面 コース図
城前方面 コース図
クリックすると大きな画像が表示されます。

活動プログラム一覧へ戻る