国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

ナタの使い方の基本
〜指導者は、必ずご覧ください。〜
鉈1 鉈2 鉈3
なたを持たない手に軍手をし、その上から皮手袋をします
なたを持つ手は素手です
なたをマキの上の面に
ななめにあてます
鉈4 鉈5 鉈6
そのまま、マキとナタを持ち上げ3回ぐらい、トントンと地面に うちつけ、刃をめり込ませます
少し刃がめり込んだら、両手で持って割り切ります
鉈7
*小さな子どもの場合は、別のまきで頭をたたいてめり込ませる方法が安全です。
3回ぐらいのトントントンで最も事故が起きます。
安全指導
なたを使い終わったら安全な所に保管するよう指導して下さい。
    ミニ講座
  • なたには片刃のなたと、両刃のなたがあります。
  • まきを割るなたは、両刃のなたです。両刃のなたは、頭(背)をたたいても構いません。
  • 片刃のなたは、木を切り払うための切るなたです。
  • 切るなた、つまり片刃のなたは、頭(背)をたたいてはいけません。
  • また、片刃のなたは、木の繊維にめり込んでいくので、うまく割れない場合があります。
  • まき割りでは、節のあるまきは、割れにくいので、割らないように指導しましょう。
  • なた止めの無いなたは、必ずなた台を使いましょう。

活動プログラム一覧へ戻る