国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

立山開山(たてやまかいざん)に関するお話
〜1300年前に開山された開山伝説と立山信仰の話〜
1.はじめに
  • 日本の名山として世界に名高い、わが越中の立山へは、だれが初めて登ったでしょうか。
    かの高い険しい山の上まで道をつけて、頂上に社を造って帰ったのは、そもそも何という人でしょうか。そのお話をこれからいたします。
開山1 開山2
2.佐伯有若
  • 昔々のその昔、今から約1300年余り前の昔、今の立山町が、常願寺川の氾濫の繰り返しで、石ころと雑木の生いしげった荒れ野原だったころのことです。
    人々は平で水の便のよい土地を選んで住みつき、細々と田畑を耕して、苦しい生活を送っていました。
  • 時の天皇、文武天皇は、ある夜、不思議な夢をご覧になりました。その夢には、阿弥陀如来様が現れて、天皇に言われるには、
    「今、越中の国は、人々の争いが絶えず、苦しい生活をしている。近江の国(現在の滋賀県)におる四条大納言の佐伯有若を国守にして治めさせれば、必ず、平和で豊かな国になるだろう」
    ということでしたから、さっそく天皇は、有若を呼び出しになり、すぐに、越中国におもむき、国を治めるように命じられました。
開山3
《近江の国:滋賀県》
  • そこで佐伯有若は、一族を引き連れ、近江の国の志賀(現在の滋賀県)を出発し、越中の国へ向かいました。
    何日も何日も歩いて、ようやく倶利伽羅峠までやってきました。
    「やれやれ、ここを越えれば越中だ」
    と、ほっと一息ついていると、どこからか、一羽の白い鷹がまいおりて、有若の肩にとまりました。有若は、
    「これは、きっと何かよいことがある前ぶれにちがいない」
    と大変喜び、『白羽の鷹』と名付け、大切に育てることにしました。
    《倶利伽羅峠》
  • 有若は、下新川郡の布施川のほとりにある犬山(現在の黒部市犬山?)に館(城:役所)を建て、一生懸命に国を治めました。そして、仕事のあい間には、この白い鷹を連れて、野山へ狩りに出かけることを何よりの楽しみにしていました。
    (東布施:黒部市 、西布施:魚津市)  《黒部市犬山の立山神社辺りか?》
3.佐伯有頼の誕生
  • 有若の努力によって、越中の国は以前のような争い事はなくなり、人々は安心して農作業に精を出すようになり、しだいに平和で豊かな国になっていきました。
    しかし、有若の心には、いつも満たされない大きな悩みがありました。それは、跡継ぎの子供がいないことでした。
  • ある夜、有若夫婦の枕元に、立山の大汝の神様が現れ、
    「お前たちに、男の子をさずけよう。有頼と名付け、大事に育てよ」
    と、お告げになりました。
  • それから一年後、お告げの通り丸々とした男の子が生まれました。もちろん、国中の人たちも大喜びで、神の子として大事に育てられました。
  • 有頼は、みんなの期待通り、すくすくと成長し、たくましい少年になっていきました。
    たいそう体質が強く、いつも勇ましい遊びをし、その上、父母にも誠によく孝行をいたしました。そして、有頼も、白い鷹をたいそうかわいがり、鷹と遊ぶことが大好きでした。
4.逃げた白い鷹
  • 有頼少年が16歳になった春のことです。
    有頼少年は、父の大切にしている白い鷹を、飼育係の家来がとめるのを振り切り、無理やり借り受け、喜び勇んで、一人で鷹狩りに出かけました。
  • いつも父がやっているように、左手のこぶしに白い鷹をすえ、弓矢を背に、獲物を探して草や雑木をかき分け、川上へ川上へと進んでいきました。
    けれども、どうしたことか、獲物らしいものは何一つ見あたりません。有頼少年はがっかりして、一休みしようと、かたわらの石に腰を下ろしました。
    と、そのとき、それまでじっとしていた鷹が突然飛び立って、大空高く、矢のように突き進んで行きました。
    有頼少年はびっくりして、後を追いかけました。はじめは上空に弧を描いて飛んでいましたがそのうち、山手の方へ進み、峰の空を回りながらするどく鳴きました。
    《高峰山の方面》
  • 有頼少年は、鷹のえさを振りかざしながら大声で呼び、舞い降りてくるのを待ちました。
    しかし、いくら経っても鷹は戻ってきません。そのうちに姿が見えなくなってしまいました。
  • さあ大変です。父の大事な白い鷹を逃がした有頼少年は、城に帰ると父にしかられるに決まっています。それとて鷹と同じにどこかへ逃げて行くわけにもまいりませんから、有頼少年は泣き泣き城に帰りまして、
    「白い鷹は、獲物を捕らずに、どこかに逃げてしまいました。私が油断をしていたせいですからどうかかんにんしてください」
    と、色々お詫びをいたしましたが、父はたいそう腹を立てて、
    「あんな立派な鷹は、二度と私の手に入ることがないから、お前はどうあってもあの鷹を捜してきなさい。そうしなければ、城に帰ってはならぬ」
    と、厳しくしかりました。
5.白い鷹を捜して
開山4
  • お父様のお腹立ちも無理はない。どうかして、再び白い鷹を捕まえてこようと心に決め、
    「では、お父さん、どうあっても捕まえて帰りますから、しばらくの間、おいとまをください」
    と言いまして、さっそく白い鷹を捜しに出かけました。
  • それから有頼少年は、鷹の逃げた方へと、野といわず、林といわず
    「まいごのまいごの白い鷹やぁい、おいしいえさはここにある。早く早く飛んでこい」
    とさけびながら捜しました。けれども、白い鷹は見つかりません。とうとう日が暮れて、辺りは真っ暗になりました。
    疲れ切った有頼少年は、岩を枕にし、衣を敷いて眠ってしまいました。
    《一夜泊:立山町一夜泊(泊新)》
  • 夜が明けました。有頼少年は、また捜し始めました。常願寺川までやってきました。
    川に沿って、ごろごろした岩石を踏み越え、山の方へどんどん進んでいきました。
    岩峅寺というところまで来ますと、そこに大きな谷があって、向こうの断崖に生えている松の大木のこずえに泊まっている白い鷹を見つけました。
    《常願寺川》 《鷹泊:大山町上滝(大川寺)の南》 《立山町 岩峅寺》
6.大熊を追って
開山5
  • 「あっ、いたぞ」
    やっと見つけた白い鷹のそばへ大喜びで駆け寄り、腰からうまいえさを取り出し、
    「鷹こおい鷹来い、おいしいおいしいえさをやろう」
    と何度も呼びますと、白い鷹はじっと有頼少年の方を見ておりましたが、たちまち飛んできて、有頼の手の上に泊ました。
    「おっ、よく来てくれた。私はどんなにお前を捜したろう。お父様も心配しておられる。よく来てくれた」
    と、有頼はしきりにうれしがって、白い羽をなでたり、頭をなでたりしますと、鷹は羽ばたきながら、これもまことにうれしそうにしました。
  • ところが、運の悪いことに、ちょうどそのとき、かたわらの草原にガサガサと音がしたかと思うと、
    「ガオーッツ!」
    と、大きな黒い熊が飛び出して来ました。驚いた鷹は、羽ばたきをしながら、またまた空高く舞い上がり、どこかへ逃げてしまいました。
    有頼のそのときの悔しさは、どんなでありましたでしょうか。
    「おのれ、許しておくものか!」
    と、持っていた弓に、素早く矢をつがえ、大きく引き絞り、黒熊の胸元をめがけて放ちますと、ねらい違わず、矢は黒熊の左の胸にビシッと深く突き刺さりました。
    ドッシーン。黒熊は一度は倒れたものの、さすが大熊、すぐに跳ね起き、血を流しながら山奥めがけて逃げ出してしまいました。
    《横矢:立山町横江》
開山6
  • 「逃がしてなるものか」
    有頼は、熊の血のあとをたどり、険しい岩をよじ登りながら追いかけましたが、なにぶん、けもののことですから、見る間に姿が見えなくなりました。
    《血懸:立山町千垣》
  • 「このまま逃がしてなるものか」
    と、さらに追いかけていきますと、芦の生い茂った原っぱにでました。
    《立山町芦峅寺》
  • 有頼は、どんどん進んでいきました。どれだけ進んだのでしょう。あたりはますます険しくなってきました。
    「ああ、これは、どうすればいいのだろう」
    目の前は、深い深い谷で、向こう側には行けそうにありません。
    思案にくれていると、どこからともなく数十匹のサルが集まり、藤のつるを持ち寄って、みるみるうちに架け橋を造り、またたく間に姿を消してしまいました。
    あっけにとられて成り行きを見ていた有頼は、気を取り直し、その橋を渡り、奥山へ進もうとしました。
    すると今度は、金色の大シカが現れ、前に立ちはだかり、行く手をさえぎりました。
    「じゃま立てするな」
    気の強い有頼は、刀を抜いてその大シカに立ち向かい、うち倒そうとしましたが、大シカの気に当てられ、その場に倒れてしまいました。
    《立山町藤橋》
7.合掌念仏
  • しばらくして息を吹き返した有頼の体は、寒さと疲れと空腹で、思うように動きませんでした。
    辺りにはまだ雪が残っていましたが、岩かげに芽生えている青草をとって食べると、不思議や、体中に力がみなぎり元気を取り戻しました。
    《草生坂:藤橋から千寿ヶ原あたりの坂?》
  • 「にくい熊め、追いつめずにおくものか」
    有頼は立ち上がり、固い雪渓を踏みしめ、岩壁を伝い、熊の血のあとをたどって山坂を登りました。
    歯をくいしばり、いくつかの坂を越えたとき、にわかに辺りが真っ暗になり、稲妻がひらめき雷鳴がとどろき、突然うなり声をあげた雷獣が暗闇から襲いかかってきました。
    すかさず、有頼は、刀を抜いて切りつけると、たしかに手応えがあり、急に周りが明るくなり雷鳴もおさまりました。
    《断截坂:美女平から滝見台の間にある坂》
  • 有頼はさらに、険しい山坂をはうように登っていきましたが、ついに力がつき、動けなくなりました。
    その時です。どこからともなく、大勢の仏様の合掌念仏を唱えている声が聞こえてきました。
    それをじっと聞いていると、疲れもなおり、その険しい坂を、やすやすと登り詰めることができました。
    《仮安坂:断截坂の上の方の坂》
  • 登り切った坂の眼前には、雲上から落下する荘厳な大滝(称名滝)が光り輝いていました。
    天から落ちてくるその滝の神々しさに、思わず地にひれ伏して礼拝(伏拝)しました。
    《称名滝と滝見台辺り》
  • 命がけの、苦しい、そして恐ろしい出来事が次々に起こり、さすがの有頼も、この先またどんなことが起きるのか、不安になってきました。しかし、
    「ここで引き返してなるものか。なんとしても大熊を追いつめなくては」
    と心に決め、またもや大きな岩肌をはい上がり、急な雪渓を踏みしめ、立ちふさがる、はい松の枝をおしはらいながら進み、いつのまにか立山の頂上間近、雲上の高原に立っていました。
    《室堂辺りか?》
8.如来様
  • 寒さと空腹のため、今にも倒れそうになりましたが、くちびるをかみしめ、雪の上に点々と残っている血の跡をたどり、崖の中腹にぽっかりあいた洞穴にたどり着きました。
    《玉殿の窟(岩屋)》
  • 「しめた。この洞穴にこそ、大事な鷹を逃がした、にくき大熊がいる。今度こそ、必ず射止めてやるぞ」
    弓に矢をつがえ、一歩一歩と、注意深く洞穴に踏み込みますと、これは驚いた!
    有頼の目に入ったのは、逃げ込んだはずの大熊ではなく、さん然と黄金色に光り輝く、美しい阿弥陀如来様のお姿でした。しかも、その仏様の左胸には大熊を射たあの矢が深く突き刺さっていましたが、にこにこ笑っておいでになるではありませんか。
    あまりのことにびっくり仰天しまして、
    「熊とばかり思って追いつめたのは仏様でしたか。本当に悪いことをしました」
    と、その場にひれ伏しました。そして、その夜は、その洞穴で通夜をしてお詫びをすることにしました。
  • すると、有頼の耳もとに、仏様はやさしくお話になりました。
    「私は、阿弥陀如来である。私は、この立山に地獄を造り、極楽も造りました。 立山に登れば、人々はいろいろな悩みから救われます。とても尊い山なのです。 けれども、立山はまだ誰にも知られていません。 登る道もありません。多くの迷っている人々を救うため、姿をかえて、白鷹になり、 大熊になり、時にはサルや大シカ、そして雷獣となり、そなたをここまで呼び寄せたのです。 そなたは、本当に力強い頼りになる男です。どうかこの立山を開いて、国中の人がお参りできるように、 一生懸命つとめてください。それが大汝の神の子であるそなたのつとめなのです。」
  • 仏様のありがたいお言葉に、強く心をうたれた少年有頼は、さっそく城に帰り、父にこの話をしました。
    すると父は、有頼の勇気に感心して、白鷹を逃がしたことを許したばかりか、有頼にいっそう修行を積ませました。
  • 有頼は弓矢を捨て、髪を剃って仏門に入りました。そして、『薬勢上人』というえらいお坊さんに教えを受け、名を『慈興』と改め、信仰の道に精進しました。
    そして仏様との約束通りに、草木をはらい、岩石を取り除き、険しい坂に道をつけ、その頂上に社を建てました。
    さらには、ふもとの芦峅寺や岩峅寺にお寺を建て、信仰としての立山を開くために、その一生をささげました。
8.如来様
  • これが立山を開いたといわれるお話です。
    大熊が逃げ込んだという洞穴は、玉殿の窟(岩屋)といって、立山の地獄谷のあるそばに残っています。
    そして、芦峅寺にある雄山神社には、『慈興上人』のお像とお墓が今も残っています。

    めでたし! めでたし!

【参考文献等】
  • 立山開山縁起
  • 類聚既験抄
  • 立山町の歴史物語
  • 大井冷光集
開山7
開山8 開山9 開山10
《立山の開山にまつわる資料等》
  • ◎ 立山の開山は、今から約1300年前?
  • 1907年、測量のために剱岳に登った柴崎芳太郎氏一行が、山頂で杖の先に付ける銅製品(銅錫杖頭)と鉄製品(剣)を発見する。
    • それまでは、剱岳は誰も登ったことのない山と考えられていた。
  • 1893年、河合磯太郎氏によって、大日岳頂上付近にある修行の行われた洞窟から銅錫杖頭が発見されているが、剱岳の銅錫杖頭とほぼ同じころのものと考えられている。
  • 銅錫杖頭は奈良時代終わりから平安時代初め(1100〜1200年前)に作られたものと考えられる。
  • 全国の高い山には、奈良時代から平安時代初めにかけて開かれたものが多い。
  • 比叡山天台宗の僧、康済が9世紀後半に「越中立山」を開いたという記録がある。
  • 京都・随心院に残る延喜5年(905年)7月11日の記録によれば、越中国の長官である佐伯有若が、自筆で名前を残している。
    「越中守従五位下佐伯宿祢 有若」
    『常設展示観覧の手引き』 富山県立山博物館
  • ◎ 立山を開いたのは有頼? 有若? それとも狩人?
    (狩人伝承が国守佐伯有若の伝説に変わっていった?)
  • 『伊呂波字類抄』では、「立山を開いたのは越中守佐伯宿祢 有若であった」と いう。しかし、地元に語り伝えられてきた『立山開山縁起』では、「有若の息子である有頼が開山した」と伝えている。
    『立山黒部物語』 立山黒部貫光株式会社
  • 『類聚既験抄』によれば、「狩人が立山で熊をうち、熊に矢を射立てた。熊は矢を立てたまま死んだ。その熊をよく見ると、金色に輝く阿弥陀如来であった・・・・・・
  • 霊山と熊との深い関係が全国にある。山岳信仰に猟師が関与している。
    • 熊野権現の縁起では、「猟師が熊を射、血痕をつけていって、熊と思ったのが阿弥陀如来であったことを驚き知った・・・」
    • 羽黒山の縁起では、猟師が手負い熊を追っていく場面がある。
    • 金剛堂山の開山伝説では、役ノ行者が熊に案内されて登頂する。
    『立山連峰』 文部省登山研修所
《立山についての豆知識》
  • ◎ “立山”の山名と語義・呼称等について
  • タチヤマ・・・・・そびえ立ちたる山
  • 顕ち山 ・・・・・神の降り立つ山
  • 大刀山 ・・・・・刀剱のように鋭い山
  • 多知夜麻・・・・・万葉集で詠まれる
  • 立山
  • ◎ “立山”という山はあるの?
  • 狭義・・・・・雄山(雄山神社峰本社がある)
  • 一般的・・・・・室堂から東に見える台形の山塊
  • (中義)・・・・・(左端)富士ノ折立 、(中央)大汝山 、(右端)雄山 の総称〉
  • 広義・・・・・雄山を中心とした周辺山域 、剱岳・立山などの山並み
  • 最広義・・・・・北アルプス北部全体
  • ◎ “立山三山”とは?
  • 別山、中義の立山(富士ノ折立、大汝山、雄山)、浄土山をあわせた名称
  • ◆ “雄山”
  • 立山の主峰、 3003m
  • 雄山神社峰本社がある。伊弉諾尊と手力男命を祀る。
  • 山の姿を仏の体になぞらえて、頂上を烏瑟ノ峰ともいう。
  • 明治維新の神仏分離後、立山権現(立山の神)は復古して雄山神社に、峰名も雄山となる。
    神山を敬って御山とあがめたので、雄山という呼称にも結びつきやすかったのであろう。
  • ◆ “大汝山”
  • 中義の立山の中央峰 、3015m 、富山県の最高地点
  • 大己貴神(別名:大国主命)が祀られていたことに由来する。
  • 立山曼陀羅図には祠が描かれているが、現在信仰をうかがわせるものはない。
  • ◆ “富士ノ折立”
  • 中義の立山の北峰 、2999m
  • 富士権現を祀ったことに由来。“富士ノ折戸”“富士ノ折立岩”とも記した。
  • 立山曼陀羅図では、雄山、大汝山、別山の山並みから奥まったところに富士山形に描かれる。
  • ◆ “別山”
  • 2880m
  • 帝釈天を祀るので、帝釈岳の別名があった。
  • 立山曼陀羅図では、雄山、大汝山、浄土山と並ぶ重要なピークである。
  • ◆ “浄土山”
  • 2831m
  • 阿弥陀堂や、天日鷲命と長白羽命を祀った祠の跡がある。
  • 高山植物やハイマツに覆われる山上の姿は立山三山随一。雷鳥の生息数も多い。
    このような環境を阿弥陀の浄土になぞらえたことに由来する。

活動プログラム一覧へ戻る