国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

《野外炊飯》
ソロ炊事
〜一人でご飯炊きに挑戦〜
適 期通年
所要時間3時間程度
対象小・高学年〜
主なねらい
◎一人一人の体験
◎達成感
◎自己有用感・自信
ソロ炊事1 ソロ炊事2
1.準備するもの
団体の準備物……
新聞紙、火付け用牛乳パック、割り箸など、まな板用の牛乳パック
自然の家の貸出用具……
一人用カマド、なべ、蓋、皮手袋、なた、包丁
食堂に注文
米、おかず
(おかずは、カレーなどを班で作り、ご飯だけを一人一人炊く方法とブタ汁をおかずとして作る方法があります。)
ソロ炊事3 ソロ炊事4 ソロ炊事5
どんぶりで米をといで、なべにいれる。
一人用かまどで新聞を中心に入れる。
マキを山形に立て、火をおこす。
ソロ炊事6
 
ソロ炊事7
炎がしばらくして落ち着くのを待ってからなべにアルミフォイルでふたをして火をつける。
炎が強いとメッコになりやすので注意
メッコになったら、水を加えてもう一度弱火にかけます。

ソロ炊事のおかずは、ブタ汁がおすすめです。

8人用のセットを8等分して、一人一人が、材料を切ります。
ソロ炊事8 ソロ炊事9 ソロ炊事10
材料を人数分に切り分け、各自が切ります。
包丁は、自然の家にありますが、まな板がありません。牛乳パックを各自持参して、まな板がわりに使います。
ブタ汁も一人で挑戦
(火を燃やすことに慣れていない子どもたちには、山形に組んで、新聞に火を付けると燃えやすいです。失敗したら、同じ木組みをして再挑戦。)

活動プログラム一覧へ戻る