国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

《落差350m 日本一の大瀑布》
称名滝探勝
適 期4月下旬〜11月上旬
開門時間
7 〜 8月 6:00 〜 19:00
その他の月 7:00 〜 18:00
所要時間2〜3時間
対象小学生〜
主なねらい
◎立山の自然を体感する
  • 県道6号線を「国立公園立山」方面へ向かいます。
  • 一般車両は展望台まで進入できません。駐車場にて下車し、1.3kmの徒歩専用道を歩きます。
    (※展望台手前まで車椅子通行可能です。)
  • 融雪期(4月下旬〜7月上旬)は水量が多く、展望台付近でも滝の飛沫がかかる場合があります。
立山博物館1
←桂台ゲート付近:画面左側の道路を直進します(右の道路は室堂方面への有料道路入口に続きます。※マイカー通行不可)
立山博物館2
駐車場最上部(称名滝展示館前)がバス駐車場です。ここで下車し、徒歩移動の準備をします。→
立山博物館3
←途中、歩道に指標が敷設されています。
立山博物館4
道中にある八郎坂との分岐点です。称名滝へは画面中央部やや左側のスロープ又は階段を登ります。→
立山博物館5
←この橋を渡ると展望台(画面左上部)です。
展望台まであと少し!頑張って!!
(※橋を渡りきると階段になります。車椅子でお越しの場合は、この辺りでの見学が望ましいでしょう。)
立山博物館6
展望台からは歩いてきた歩道が見渡せます。→
立山博物館7
←画面左側が落差日本一の「称名滝(350m)」です。
画面右下が展望台最上部です。間近に大瀑布を感じることができますよ。右側の滝はハンノキ滝です。(※融雪期或いは上部の降雨量が多い場合にのみ出現します。また、融雪期は滝の水量が多く、最後に渡る橋の辺りから滝の飛沫で衣服等が濡れてしまう場合があります。)
立山博物館マップ

活動プログラム一覧へ戻る