国立立山青少年自然の家


Google

活動プログラム

森の宝物さがしビンゴゲーム
〜自然の宝物を探しながら、ビンゴゲーム〜
適 期通年
所要時間1時間程度
対象小・中学年〜
主なねらい
◎自然について関心を深める
1.準備するもの
  • 団体の準備物……野外活動のできる服装
  • 個人で準備するもの……えんぴつ、軍手、セロテープ、ビニル袋、(必要に応じて時計)
  • 自然の家の貸出用具……ビンゴゲーム用の用紙、虫眼鏡
2.方法
(1)スタート前
@参加者全員にビンゴカードを配る。(グループで行う時は、グループ分)
※マス目は、標準で5枠×5枠です。
A枠の中に「森の宝物」を一個ずつ書き込む。
(書き込む場所は、各自で自由です。)
B枠の中に記入する「森の宝物」の内容は、自然に対する観察力を養うため、動植物の名前よりも、動植物の具体的な特徴を書き、その特徴を持ったものを探すという方法が好ましい。
例:
とげのある茎、いいにおいのする花・葉、自分の手のひらよりも大きな葉、動物が出た穴(トンネル)、クモの巣、赤い花・青い花等、ウグイスの声、ギザギザの葉、カエルの声、水の流れる音、セミの声、ありの行列、木の実、せみ(へび)のぬけがら、カッコウの声、虫の食べ跡、洋服に付く実、鳥の羽、うらが白い葉、自分の身長と同じ長さのススキ、まんまるの形の物、船や笛が作れる物、コケの付いている岩(石)、動物の足跡、動物の卵、二股に分かれている木、きのこ、木や葉の色に似ている動物等
※だれもが簡単に発見できる物も2〜3個は入れるようにしてください。
    Cビンゴゲームのやり方を簡単に説明する。
  • 自然学習のゲームであること。
    ※自然をできるだけ傷つけないように注意しましょう。
  • 縦、横、斜めのいずれかの枠を全部埋めるようにがんばる。
  • 縦、横、斜めのいずれかの枠を全部埋めてゴールしてもよいし、多くのビンゴを完成させてゴールしてもよい。
    ※点数制のゲームとして実施することも可能です。
    [ビンゴ1つ…10点、ポイント1つ…1点]
(2)森の宝物さがしに出発
  • 宝物を発見したら、ビンゴカードのあてはまる箇所にマル印をつける。
  • 場合によっては、証拠となる物を張り付けたり、スケッチしたりする。
(3)ゴール後
  • ビンゴ用紙を提出して、指導者から確認を受ける。
事後指導
◎「いくつビンゴができたか」というようにして、ビンゴの数を聞く。
◎途中で発見した宝物の話をみんなでして、「森の宝物」を紹介しあう。
◇発展活動例
  • 指導者が全員に宝物の課題(ビンゴ問題)を提示するのではなく、グループ対抗で、相手のグループに与える課題をそれぞれのグループに考えてもらい、その課題を探すという方法もある。
☆参考ビンゴ例
《25マス用》
ギザギザの葉クモの巣ウグイスの声虫の食べ跡動物の足跡
鳥の羽赤い花まん丸の形のもの二股に分かれている木ありの行列
うらが白い葉いいにおいのする花一人が一つゴミを持ち帰る動物が出た穴コケの付いている石
鳥の巣赤い実動物のぬけがらチョウカエルの声
白い花水の流れる音自分の手のひらよりも大きな葉カラスの声ツバメ
  • 約80枚の樹木名札(ワンポイント紹介文付き)がかかっています。植物の名前を覚えながらゆっくり散歩ができます。

活動プログラム一覧へ戻る