独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

立少で体験しよう!

体験プログラム

焼板絵付け(焼いてない板から)〜 思い出残そう!板に描いて【野外での活動として】 〜

適期
通年
所要時間
半日
対象
幼児、小・低学年~
主なねらい
◎自然素材で創作を楽しむ

1.準備するもの

  • 団体で準備するもの
    《準備品》 ぞうきん、はさみ

 ※カラーテックスを使わず、ポスターカラー(不透明顔料マーカー)を使う場合は準備品に追加

  • 《購入品》 板、カラーテックス(専用絵の具)、薪またはガスバーナー用ボンベ(カセットコンロ用カセットボンベ) ※団体で準備することも可能(ノズルは自然の家より貸出)
  • 個人で準備するもの
    えんぴつ、軍手、新聞紙
  • 自然の家の貸出用具
    のこぎり、きり、ワイヤーブラシ、(缶かまど、火バサミ)、(ガスバーナーのノズル)

2.板の加工

  • 焼いてない板を、どのように仕上げるか考えます。
  • 考えがまとまったら、のこぎりなどで加工します。

3.板を焼く

  • ドラム缶かまどに火を入れ、鉄の渡しの上で焼きます。(野外炊飯と関連して作業することも可能です。)
  • 板の周囲が黒っぽくなるまで焼きますが、どのくらいまで焼くかは、自分の好みでかまいません。全部燃やさないように気を付けましょう。(ガスバーナーを使って焼くこともできます。)

4.板をみがく

  • ワイヤーブラシで、炭の部分をきれいに落とします。(木目にそってみがくときれいに仕上がります。)
  • ワイヤーブラシを使うときは、力を入れ過ぎないように。
  • ぞうきんで炭をふき取りながら、みがきをかけます。(炭おとしはできるだけ屋外で行って下さい)

5.絵をかく

  • カラーテックスは、三角形容器の中に絵の具が封入されています。はさみで、カラーテックスの容器の先を細く切り取ります。
  • カラーテックスの容器から絵の具を絞り出し、自分の考えたことを、おもいっきり線がきで描きましょう。

6.完成

  • カラーテックスがかわいたら、ヒートン(ひもつけ用金具)とひもをつければ完成です。

※絵の他に、日付・クラス・氏名など、記念になるようなものを記入しましょう。

※クリックすると大きな画像が表示されます。