独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

立少で体験しよう!

体験プログラム

立山ひょうたん〜 思い出残そう!立山町の名産品で 〜

適期
通年
所要時間
2時間
対象
小・中学年~
主なねらい
◎自然素材で創作を楽し

1.準備するもの

  • 団体で準備するもの
    《準備品》えんぴつ、消しゴム、筆、(※貼り絵の場合は、千代紙、色紙、のり等)
    《購入品》ひょうたん、カラーテックス(専用絵の具)
    ※カラーテックスの代わりに、団体で絵の具を用意されても結構です。その際には、筆等も用意してください。
  • 自然の家の貸出用具
    はさみ(50個まで)

2.作り方

(1)絵付けをする場合

  • ひょうたんの面白い形を生かすため、鉛筆でうすく下書きをして絵柄や文字の配置をきめます。
  • カラーテックスを使って絵付けをします。カラーテックスは、三角形容器の中に絵の具が封入されています。はさみで、カラーテックスの容器の先を細く切り取ります。
  • カラーテックスの容器から絵の具を絞り出し、丁寧に描きましょう。
  • ※カラーテックスを使わず、水彩絵の具の濃淡を生かした絵付けも効果的です。
  • 絵の具が乾いてからひもを付けます。

(2)貼り絵をする場合

  • ひょうたんの面白い形を生かすため、鉛筆でデザインを下書きします。
  • 千代紙やいろ紙を手でちぎったり、はさみで切ったりして材料を作ります。
  • 紙をのり付けします。そのとき、のりはうすくつけるようにします。
  • のりがほぼ乾いてからひもを付けます。

(3)ひもの付け方


  • ①ひょうたんに、ひもをかける。

  • ②「輪」をつくる。(ひもの重なり方に注目!)

  • ③“下のひも”を、「輪」の上を通って2回ほどまきつける

  • ④まきつけたひもを下から「輪」にとおす。

  • ⑤とおした部分を、上にキュッキュッと引っぱってできあがり。

詳細はこちら