独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

立少で体験しよう!

体験プログラム

親雪活動3〜 雪の特性を生かして雪と遊ぶ活動 〜

主なねらい
◎雪のいくつかの特性を利用して、雪と楽しく遊ぶ、雪に身をあずける。
活動を通して、雪の特性にふれる。
◎グループで行うことで、協力やアイスブレイク的な活動により、仲間作りを行う。

実施する場所は、かもしか広場、キツツキ広場、こもれびの森、第2炊飯棟の下等。

3.いよいよメイン!雪の特性を生かして雪と遊ぶ活動へ(協力の場面・仲間意識の高まりも目指しながら)

① 「迷路遊び」

場所:平らなところ
準備物:なし
人数:20人程度~
 ※15cmぐらいの積雪でもできます。

遊び方
人が歩いていない場所を選ぶ。全員を2グループに分け、30m位離れて雪を踏んで各グループ1列で進んでいく。隣の人と2mぐらいの間隔を取り相手チームと向かい合う。
各自が、相手陣地の方向に向かって、雪を踏んで道を作っていく。ジグザグに、カ-ブを描きながら進み、相手陣地に5メートルぐらいのところまでいったら道作りを止め、自分の道を戻ってくる。道を作るとき、自分のチームや相手のチームの人と絶対に交わらないようにして作る。両チームが道を作って戻ってきたらば、全員後ろを向く。その間に指導者が、1ケ所か2ケ所の場所で2チームの道をつなぎ、迷路を完成する。

両チームを向かい合わせ、指導者の合図で、いろいろな道を進み、行き止まりの場合は、戻って他の道をいく。全員が早く相手陣地にいき着いたチームが勝ち。途中、同じ道で出合ったら、ジャンケンをして負けた人が低くなり勝った方を先に行かせる。

バリエーション1
人数が多い場合は、各自の作る道を、同じチームの人と交わってもよいことにし、つなぐ場所も増やす。途中であったら、ジャンケンをし、負けたら1度自分の陣地まで戻り、またスタートする。
(最後の人には、大きな声援を)
また、時間を決めて、ストップし、迷路にいる人数を数えて勝敗を決める。

バリエーション2:中学生以上向き
迷路の片側をスタートにし、反対側をゴールとして、各グループ目かくしをして、一列で進む。たまに、ゴール地点から、「ゴールはこっちだよ」と声をかけヒントを与える。

バリエーション3
各グループ、片側から反対側に一人ずつ目隠しをして進む。グループ員は、目隠しをしている人に、「右、左」等の指示を大声で伝える。2人ずつ同時に出発するのもOK。

② 「鬼遊び(迷路の場を使って)」

迷路は、迷路の答えがわかるため、1回しかできないので、この迷路のコースを使って鬼ごっこをする。
各自、自分の道を2カ所程度、他の人の道とつなげる。鬼ごっこは、迷路の中だけで行い、隣の道にまたいで移動してはいけないこととする。普通の鬼ごっこでもよいし、増えおになどもよい。増え鬼の場合は、鬼の印として、片手を頭に乗せて目印として行う。

③ 「ジャンケン遊び」

場所:平らなところ、踏まれていないところ
準備物
 らせんのコースや渦巻きのコースをあらかじめ作る。
人数:自由

遊び方:組対抗
平地にらせんのコースを作る。走りやすいようによく踏み固める。コースができたら2組に分かれて、2カ所のコーナーから同時にスタートし、行き会った場所でジャンケンをする。
負けた人は、コースを開け、相手を通す。まけたチームは次の人が走り出す
これを繰り返して、早く相手のコーナーにゴールした組の勝ち。

④ 「バベルの塔」

場所:平らなところ
準備物:時計
人数・形態:人数自由、班別活動
団体の準備物
 スキー用手袋(防水のきいた手袋)
所の貸し代物品
 (道具はいらないが、人数や時間によってスコップなど)
 計測用の棒、スケール

遊び方:グループ対抗
グループごとに、一定の時間内に雪を 高く積み上げ、雪の高さを競争する。
時間は、20分程度で自由であるが5~10分程度でもおもしろい。始める前に、作戦タイムを取る。制限時間が来たら、棒とスケールで高さを測る。

バリエーション
評価が終わったら、今度は、雪玉だけを投げて塔を崩し、で自分たちの作った塔をなるべく低くなるようにする競争を行う。

⑤ 「流れ星」

場所:踏まれていない、平らなところ
準備物:
 松ぼっくりや色の着いた石など、一人10個程度分
人数:自由

遊び方:グループ対抗
踏まれていないところに、範囲を決め、その中に、松ぼっくりや色を付けた石などをばらまいておく5分~15分くらいの時間で捜す。捜し方は、流れ星が新雪に落ちた形跡をたよりに捜すようにする。
ミカンなどを交えると楽しい。

⑥ 「冬の野外美術館」

人数:人数自由、班別活動
所の貸し代物品:
 道具はいらないが、人数や時間によってスコップなど

遊び方:
制限時間を設定し、雪の芸術を作る。初めに、題材を決めるために作戦タイムを取る。評価は、各班の題材の発表を聞き、大きな拍手で応える。

⑦ 「雪のキャンバス」

ねらい:
 創作活動を通して、自然に触れ、表現する喜びを味わう。
活動内容:
 雪の上を大きなキャンパスに見立て、木の枝、木の葉などを使い、絵を描く。
 環境教育事務所 Life time 資料より

⑧ 「冬と雪の写真コンテスト」

ねらい:
雪に目を向け、自然の神秘さ美しさ不思議さに対する感性を高める
子供の心を揺り動かす「神秘さ」「美しさ」「不思議さ」「輝き」「新しさ」その課題をテーマに一つの風景や現象、場面を手の枠の写真に納め、みんなで分かち合う。
一人一人の写真をそれぞれの場所に移動して体験してもらい分かち合う。また、班にデジタルカメラを渡して、撮影してきて、エコスクール館の学習室や本館の研修室で分かち合う方法もある。

⑨ 「耳・耳・かたむけるとお話聞こえるよ!」

ねらい:
いろいろな雪の中の植物や動物の場面を設定し、そのものになりきって、お話を創ることを通して、雪と植物、動物のかかわりについて関心を持ち、新しい自然についての気づきと感性を育む。

  • 森の木が雪について思っている言葉とその場面
  • ウサギが雪について思っている言葉とその場面
  • ウサギが雪に「ありがとう」と言っています。どうしてありがとうと言っているのでしょう。
  • 葉っぱを落として木が雪に何か言っています。何と言っているのでしょう。
  • 葉っぱが茂っている木が雪に何かを言っています。何と言っているのでしょう。
  • 雪に埋もれている木が、雪に何かを言っています。何と言っているのでしょう。
  • 鳥が雪に中を言っています。何と言っているのでしょう。
  • 雪がみんなに何かを言っています。何と言っているのでしょう。