独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

立少で体験しよう!

体験プログラム

親雪活動4〜 ワイドでダイナミックなゲーム 〜

主なねらい
◎雪のいくつかの特性を利用して、雪と遊ぶ、雪の中で楽しく遊ぶ、雪に身をあずける。
活動を通して、雪の特性にふれる。
◎グループで行うことで、協力やアイスブレイク的な活動により、仲間作りを行う。

実施する場所は、かもしか広場、キツツキ広場、こもれびの森、第2炊飯棟の下等。

4.いくらかワイドでダイナミックなゲームも(時間があれば)

① 「林間しりとり」

場所:林の中、校庭など

準備物:
動物のしりとりになったカード(A4程度の大きさで絵と字で書いたもの)6枚程(所より貸し出し)を、ビニル袋にいれ、木にしばれるようにひもを付けておく。
(例) いのしし しか カラス すずめ めだか かば

人数:1グループ6~10人程度

遊び方:グループ対抗
林の中に、6匹の動物を隠しておく。隠すときに、雪で隠したところがすぐ見つからないように、たくさんの足跡を付けておく。15分ぐらいの制限時間を設ける。カードを見つけ、しりとりを完成して報告したグループの勝ち。見つけるときは、グループ全員が手をつないでいくことにする。(1グループの人数が多いときは、グループを2つに分けて、手をつないでいくようにする。)

バリエーション
動物のしりとりに「かもめ」など、しりとりにならないカードを1~2枚入れておく。
林間しりとり林間しりとり林間しりとり林間しりとり

② 「宝塔たおし」

場所:
平らなところ、30m四方の正方形の陣地を2つ、辺のところを足で踏むか、墨汁・食紅水などでえがいておく

準備物:
スコップ4本(無くてもよい)、巻尺、1mのところに印をつけた棒2本

人数:20人ぐらいから

遊び方:2組対抗
5分で、高さ1mの宝塔を各組5個くらいを、30m四方の正方形の陣地の中に作る。5分後、1mを越えるものは、リーダーが、越えている部分を切り取る。各組、2人が、塔をスコップで雪玉から守る役になる。残りの人は、四角の辺のところより、雪だまで、相手チームの宝塔を崩していく。時間は、5分。終了後、リーダーが、棒と巻尺で長さを測っていく。5つの塔の残った高さのトータルで勝負を決める。