独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

立少で体験しよう!

体験プログラム

アルペンスキー

適期
1月~3月
所要時間
半日~1日
対象
小・低学年~
主なねらい
◎自然とのふれ合いを深める
◎たくましい心と体を育てる

1.活動場所

<1>不動ゲレンデ

国立立山青少年自然の家の所内にある緩斜面のゲレンデです。平成26年度より不動ゲレンデのリフトは休止しております。詳しくは自然の家までお問い合わせください。

<2>粟巣野(あわすの)スキー場

粟巣野スキー場 ホームページ

所より約8.5km、車で25分程度の所にあるスキー場で、単独スキー場のため子供たちの管理がしやすく、緩斜面も広く練習に向いています。(1日の団体の受け入れ数を700人までとしています。リフト待ちはほどんどありません。)また、隣のスキー場にまぎれ込むなど、迷子の心配もなく安心して活動を行うことができます。所より、朝夕の定期バスがあり、運営は、NPOあわすのが行っております。研修の場合、各団体の指導員は、概ね10人に1人まで、無料です。

粟巣野スキー場

多目的センター・ミレット

サンキッド(ベルトコンベヤ式登坂装置)

初心者には、数倍の練習量が確保できます。大好評!

リフト料金

スキー場のホームページで確認するか、お問い合わせ下さい。
http://awasuno.com/
粟巣野スキー場(TEL 076-482-1844)
※冬期間、所からスキー場まで朝と夕方に予約制の路線バスが運行されております。
(バス利用日の4日前までの申込みが必要です。自然の家までご連絡ください。)

定期バス料金:片道

*原則、バスにて現金支払い。
バス片道所定額 大人640円、小人320円
団体利用で料金割引 学校団体40%、大人390円、小人200円
一般団体10%引き 大人580円、小人290円

<3>立山山麓スキー場 極楽坂エリア

立山山麓スキー場 ホームページ

所より約7km、車で20分程度の所にあるスキー場で、極楽坂スキー場とらいちょうバレースキー場は、上部で合流し、共通リフト券を購入すれば、両方のスキー場を滑ることが出来る。


  • 立山山麓スキー場 極楽坂エリア

  • スキーセンター

  • 無料休憩所

*下記料金は、学校単位での利用の場合です。それ以外のボーイスカウト、ガールスカウト、児童クラブ、スポーツクラブ等の場合は下記までお問い合わせください。

<4>立山山麓スキー場 らいちょうバレーエリア

所より約7.3km、車で20分程度の所にあるスキー場で、極楽坂エリアとらいちょうバレーエリアは、上部で合流しています。

らいちょうバレースキー場

リフト料金

スキー場のホームページで確認するか、お問い合わせ下さい。
http://www.tateyama36.co.jp/



このような位置関係になります