国立立山青少年自然の家


Google

利用について

当施設の目的

 当自然の家は、自然体験や集団宿泊体験などの体験活動や研修活動をとおして、青少年の健全育成を図ることを目的としています。
 このため、利用に当たっては、団体ごとに活動計画を作成し、標準生活時間に基づいて活動していただきます。
 また、社会性・公共心育成のため食事の配膳・片付け、寝具の準備・返却、宿泊室や活動した部屋の清掃等は、利用者の皆さんで行っていただくなど、 リゾートホテルや観光ホテル、ビジネスホテルとは異なる社会教育施設であることをご理解願います。

利用できる団体

 当自然の家は、どなたでもご利用いただけます。

 例)
  幼稚園および保育園、学校、ボーイスカウト、ガールスカウト、
  子ども会、スポーツ少年団、婦人会、老人会、サークル、グループ、
  家族、官公庁、企業etc


 ただし、下記の事柄が認められる団体の利用は許可いたしません。
  • 特定の政党や宗教を支持し、又はそれに反する為の教育・その他の活動を行い、他の利用者へのアピール・コマーシャル・強要・勧誘・販売等を行う団体
  • 営利を目的とした活動、および他の利用者へのアピール・コマーシャル・強要・勧誘・販売等を行う団体
  • 正当な理由無く、当自然の家との協議が無いまま、生活規則標準時間を脱し、他の利用者の活動等を妨げる行為を行う団体
  • 他の利用者に対し、上記以外の迷惑行為を行う団体
 なお、利用に当たって、当自然の家の野外活動・自然体験等の教育的な活動プログラムまたは集団活動をご活用ください。 ※単に宿泊のみを目的とする利用はできません。

利用の条件

  1. 利用に際しては、必要書類を必ず期日もしくは当自然の家が指定する期間までにご提出願います。
  2. 利用期間中の食事は、自然の家食堂が用意する食事または野外炊事メニューを利用した炊事によることを原則とします。 ※日帰り利用および利用開始日の昼食弁等は除きます。
  3. 自然の家の施設内の活動は、皆さんが快適に活動できるよう調整を行いますが、団体数が多い場合や特殊な事情により、 希望の活動場所を利用できないことがあります。

利用できない日

当自然の家では、休館日または利用者の安全な利用を維持するため、次のように利用者の受け入れを行わない日があります。
なお、常設テントは5月中旬〜10月中旬の間にご利用できます。
  • 年末年始:12月28日〜12月31日、1月1日〜1月4日(12月27日の宿泊は可能です。)
  • 施設・設備等整備の日:毎月1〜2日程度(主に月曜日)
※ その他にも、施設の改修等のため、利用できない場合があります。 利用可能日についてはこちら“空室状況”をご覧ください。

                           ≫ 空室状況

日程変更

  1. やむを得ず、利用日程を変更、または利用を中止しようとするときは、利用の開始日の2週間前までに申し出てください。ただし、災害・伝染病等、特殊な事情のある場合にはこの限りではありません。
  2. 利用人数に変更がある場合は、利用の開始日の3日前までに申し出てください。