独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

各種費用・食事メニューなど

 

料金について(全て税込表示)

令和6年3月31日まで

シーツ等洗濯費

本館宿泊者 300円/名
当施設のシュラフ(寝袋)利用者 300円/名

施設使用料

一般利用者 900円/名(1泊あたり)

※学校、教育機関、青少年および青少年教育関係者のご利用は無料です。

講師等宿泊室使用料

講師室利用者 810円/名(1泊あたり)

外部講師料

星空観察講師料 6,050円/名(講師1名につき)
・利用者40名毎に講師1名の申し込みが必要です。

令和6年4月1日から

施設使用料(1人1泊あたり)

幼児(年少以上) 300円/泊 4泊以上の利用は期間中900円定額
子供(小学生~高校生) 600円/泊 4泊以上の利用は期間中1,800円定額
大人(18歳以上) 2,500円/泊

学生は1泊1,200円

7泊以上の利用は期間中定額

講師等宿泊室使用料(1人1泊)

講師室使用料 810円/泊

プログラム指導料

夜空の観察にかかる講師料(講師1名につき) 6,050円 参加者40名につき、1名の講師を依頼
立少トントンたんけん隊プログラム指導料 100円 幼児1人、1日あたり
火おこし体験(まいぎり式)指導料 200円 1人あたり

特定活動研修費

歩くスキーセット使用料

(クロスカントリースキー)

半日(板・靴・ストック)

1人あたり

200円

歩くスキーセット使用料

(クロスカントリースキー)

1日(板・靴・ストック)

1人あたり

300円
チューブそり使用料 1人あたり 100円
かんじき使用料 1人あたり 100円
スノーシュー使用料 1人あたり 100円
ヘルメット使用料 1人あたり 100円
ライフジャケット使用料 1人あたり 100円
テント使用料 1人あたり 500円

 

支払について

・施設使用料 ・シーツ等洗濯料 ・特定研修活動実施経費 ・講師室使用料 など

①当日現金払い(手数料なし)

②銀行振込(手数料あり)

③コンビニ払込(手数料あり)上限30万円まで

※③のコンビニ払込用紙は、PayPay、LINEPay、FamiPay、auPay、PayB、楽天銀行コンビニ支払サービスの電子決済に対応しています。

・食堂食事料金 ・野外炊事費用 ・弁当代 ・教材費 など

①当日現金払い(手数料なし)

②銀行振込(手数料あり)

食堂料金

対象 朝食 昼食 夕食 合計

未就学児(4歳~)

340円 500円 660円 1,500円
小学生 560円 620円 780円 1,960円
中学生以上 560円 640円 800円 2,000円
  • 全て1名様あたりの消費税込みの金額です。
  • 4歳未満児については、保護者からの取り分けにかぎりかかりません。
  • 4歳未満児の場合でも、通常のお皿を使用する場合や、アレルギー対応食の場合は料金がかかります。
  • 食中毒防止の観点から、食材の持ち込みはおことわりしております。

 献立は⇒

 食堂食(2月) トントンたんけん隊(2月) アレルゲン対応表(2月)

 食堂食(3月) トントンたんけん隊(3月) アレルゲン対応表(3月)

 ※「食堂食(3月)」について、内容に変更がございましたので2月12日に更新しております。ご確認ください。

 除去食メニュー

 ※アレルギーに関しては、8大アレルゲン(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに、くるみ)除去食のみ対応できます。

 ※メニュー・アレルゲン対応表については、該当月の前月中旬くらいにホームページへアップいたします。

朝食の例

昼食の例

夕食の例

幼児食(保育園・幼稚園団体用)の例

アレルギー食の例

野外炊事・弁当・各種教材について

詳細については、利用の手引きの「各種料金について」をご覧ください。

自動販売機

食堂出口横に自動販売機を設置しております。水、お茶、コーヒー等販売しております。ただし、数には限りもございますので、大量に必要な場合は各団体でご準備ください。