独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立立山青少年自然の家

立少のここがすごい!

  • 雲上3,000mの絶景スポットがすぐそこに!
  • 大自然の中で星空を満喫!

雲上3,000mの絶景スポットがすぐそこに!

世界有数の山岳観光ルート

 本所は、立山黒部アルペンルート(詳しくはこちら)の入口にあたる地方鉄道立山駅まで車で15分の距離にあります。また、貸切バスで本所に来られる団体は、立山有料道路(詳しくはこちら)を利用して室堂ターミナル駅まで行くことができます。(マイクロバス1台往復約2万円、観光バス1台往復約5万2千円)

 名峰立山三山(雄山、大汝山、富士の折立)へ登山される方は、本所を朝7時半ごろ出発していただき、山頂を経て夕方5時ごろに帰ってくることができます。その際の朝食は6時半の「早出し朝食」になります。申し込みの際に事前にお申し出ください。

 

 

室堂ターミナル駅から見る立山

落差日本一の滝「称名滝」

 本所から称名滝展望台駐車場までは、車で30分の距離にあります。駐車場から滝のふもとまでは、徒歩30分です。称名滝は日本一落差のある段爆(途中に段がある滝)で、その落差は350mにもなります。しかも、季節限定で出現する隣りのハンノキ滝はなんと落差500mです。落差2位の羽衣の滝(北海道)が270mですから、この2つの滝がいかに突出した落差であるかお分かりになるでしょう。一見の価値のある滝です。

        

富山平野を見渡す不動ゲレンデ

以前はスキーのゲレンデとして使用していた本所の敷地内にある長さ約300mのゲレンデです。夏場は途中にある平らな面でテントを立てたり、寝そべったりすることができます。冬場は、圧雪車でコースを2本つくり、チューブそりのロングコースとなっております。